大宮の結婚相談所 お役立ち情報

埼玉県のご当地B級グルメ5選

みそポテト

蒸かしたジャガイモを天ぷらにし、甘い味噌だれをかけたみそポテトは秩父を代表とする名物。
秩父地方においては昔からの定番のおやつであり、郷土料理として愛されてきた。

埼玉県B級グルメ王決定選において、グランプリを優勝したことがあり、その影響か現在では秩父の各観光スポットや道の駅でも販売されている。
大人になり初めて全国的な食べ物ではないということを知るのは秩父地域あるある。

わらじカツ丼

こちらも秩父で愛されている名物グルメ。
甘辛いたれで味付けされた、その名の通り大きい草鞋わらじのような大きなカツをアツアツのご飯に乗せて食べるどんぶり。

独特の甘辛いタレは衣との相性は非常に抜群。
一般的なとんかつに比べて衣が少なく、厚みも薄いことが特徴なので、あっさりと召し上がれる。
とんかつを愛して止まない人は癖になること間違いなし。
最近ではスキー場の休憩所などでも見かける。

大宮ナポリタン

鉄道の街として有名である大宮の名物グルメとして注目を集めている大宮ナポリタン。
埼玉県で取れた具材を一つ以上使用するのが条件であり、多種多様なナポリタンが存在している。

駅開業後、大宮駅周辺で働いていた鉄道マンが愛して止まなかったナポリタンであり、ボリューム満点かつその手軽さ故にとても人気だった。
鉄道と大宮ナポリタンは深い絆があり、鉄道の発展に大きく発展したと言っても過言ではない。
また、ご当地グルメとして復活させるという事で「ナポリタン会」を発足した。

ゼリーフライ

行田名物にフライというものがあるが、それとは別物のゼリーフライは広い世代から人気を集めている。
見た目は衣なしのコロッケのようなものであり食感はモチモチしている。

ジャガイモ、ニンジン、おから等が入っておりヘルシーな食べ物だ。
小判型なので「銭フライ」と言われていたが、「銭」がなまり、ゼリーフライになった。
「小銭ちゃん」という商標登録されているゼリーフライの愛くるしいキャラクターがいる。

十万石まんじゅう

十万石まんじゅうは、米粒のような形をしたまんじゅうである。
新潟県産コシヒカリ、特別精製のザラメ糖、十勝産のエリート小豆、国産つくね芋を使用している贅沢な一品。

十万石まんじゅうの皮はつくね芋でもっちりしており、さらに新潟県産コシヒカリを製粉した上新粉とものが加わっている。
十勝産エリート小豆と皮は絶妙にマッチングしている。
ご当地CMの「うまい、うますぎる」は特に埼玉県内では有名であり、今では埼玉の有名なお菓子と言えば十万石まんじゅうといわれるほどになった。